記事一覧

【戯言】 東電の廃炉処理費用が新規電気事業参入会社も負担の可能性

こんばんわ。ニュースを見て速攻アプリをタップして記事作成中の倒産じぃじです笑



東電が廃炉処理にかかる費用があまりに莫大で見通しのつかないものどという見解から政府に援助の申し出をしたという。



その結果、政府が新規電気事業参入会社を含めた、全ての電力会社に廃炉処理費用を負担させる方向で調整に入ったというのです。



これが順当にその方向で話が進み、決定した場合、東電以外の全ての電力会社がその廃炉処理費用を現状の電気料金に加算した電気料金へ変更、値上げすることがほぼ確定します。



結果、廃炉処理費用は国民となります。



俺はこの費用の負担が国民に来ることを疑問視している訳ではありません。



むしろ税金をあてたところで、それを辿れば結局国民の支出です。



遅かれ早かれ国の出来事には国民の資金が投入されることはやむを得ません。



ただ、今回の東電の不祥事、およびその監督責任にある行政のケツを拭くのが国民であるという部分に、お金以外の憤りを感じる次第です。



そしてなにより今回の件が、


新規電力会社を参入させたのが、そもそも法人宛に廃炉処理費用を分散させるための行政の出来レースだったとしたら、それはもはやインサイダーじゃん!



現状、処理にかかる費用と期間は全く見通しが経たないらしいですが、その未知数な条件をサービスの料金に上乗せしなければならない会社の身にもなってほしい。



かといって、東電のみの負担となった場合、東電に残った利用者のみが負担する事になるのもまた違う気がするのも事実。行き着くところは客離れによるさらなる値上げ。経営難に陥ることは免れません。



それを防ぎたい政府の気持ちがあるのもわかります。



その気持ちわかるからこそ、その気持ち捨てろよ笑



一旦東電を潰して、再生機構が入って政府管理にした方が、廃炉処理費用の案も提案しやすく、受け入れさせるだけの力がある事も表から見えて違和感はないです。



そもそも解体させずに復帰させようというのは、過ちの精算にはならないと思うんですよね。



新規電気事業者が、今回の一件とはまた別のトラブルなどで経営難に陥った際、政府はどこまで介入して手を差しのばしてくれるのでしょうか。



JALとANAの時も色々ありましたが、今回はその後の法改正などもあったため、八百長感が払拭できない…本来よくよく考えたらそうではないんだろうけど。



なんにしても、新しく電力会社を選定し直した人の家計への負担額の変化と、大手の株価の増減は要チェックとなりますね。



結果的に国民が負担するなら素直に税金組み込めばいいのにね。



消費税増"税"を上げにくくなるから、税金以外でぼかしたのかな?



民間の会社ならとっくに潰れてんぞ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

倒産じぃじ

Author:倒産じぃじ
倒産じぃじは今日も行く!オモロイ未来を目指すねん!

検索フォーム

QRコード

QR